スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.05.12 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    フィッティング

    0

      競輪選手を引退するまで悩んだフィッティングの話です。
       
      競輪用のレーサーは規制(最新のものは使えません)がかけられていてフレームは通称 鉄パイプと呼ばれるクロモリのパイプで構成されています。パイプの厚みや素材で幾多の組み合わせとそれぞれの選手にあったジオメトリーでオーダーします。
       
      同じ素材やジオメトリーでフレームを作ってもビルダーと呼ばれるフレーム屋さんの溶接方法や気温湿度などで乗り味が違うものになります。
       
      その時々のレーススタイルや自分自身の戦法によってフレームを作り、自分のイメージ通りの走りができるものがあれば成績も上がります。
       
      また手組で作られるホイールもしかりです。
       
      フレームのジオメトリーやパイプの素材などを含めると組み合わせは膨大なものになり、そのなかから自分にあった一台を見つけ出さないといけません。
       
      そして身体の力を効率よく自転車に伝えるためにフィッティングを行います。
       
      これには悩みました。夢にでてきたこともあります(笑)
       
      練習で良いと思っていてもレースを走るとイメージが違っていたり、逆に練習では感じが悪くてもレースでは良かったりすることがあります。
       
      サドル、ハンドル、レーサーシューズのクリート位置をミリ単位で調整してローラーや実走やレースを走って感触を確かめる地道な作業の繰り返しです。
       
      それがピタリとはまれば自転車も速く楽に感じよく走らせることができます。
       
      そして皆さんがよく使っているカーボン製やアルミ製のロードフレーム。
       
      ミリ単位でオーダーする競輪用のフレームと違い、S.M.Lサイズや、52.54サイズなど大まかなサイズ設定での販売が多数を占めます。
       
      ロードレーサーはブラケットを持つ位置や、サドルの座る位置などをずらせることが可能で、こうしたことでこう配や向かい風などを効率的なフォームで走ることができます。
       
      ゴルフクラブに例えると競輪用のフレームはスイートスポットが狭く、そこに当たれば強烈な飛びを見せるもの。対してカーボン製などのロードフレームはスイートスポットが広く、ある程度の場所に当たればそれなりの飛びを見せるものと感じます。
       
      ロードレーサーはフォームを変化させることができるためにフィッティングの難しさもでてきます。そして長い時間を走ります。乗る人の身体の特徴や走り方など目的で大きくかわるものでもあります。
       
      自分が乗っている2台のカーボン製ロードレーサーですが、シート角度は同じでもサドル先端位置はBB中心からの上に向う垂直線を基準として考えれば約3センチの違いがあります。これはフレームのしなりや重心位置の違いによるものだと思っています。そしてステムの突き出し、ハンドルの高さも違います。
       
      その両方のロードレーサーともに速く楽にレーサーを走らせるためにフィッティングしたものです。
       
      奥が深いです。
       
      プロ生活でも悩んでいたフィッティングですが、今の自転車生活でも悩みは尽きません。
       
      身体が普通のおじさんになりつつあるのでしょう(笑)
       
      競輪選手生活を30年。そしてロードレーサーでサイクリングやレースを始めて4年。プロの生活ではなく、日常の生活のなか(いまある身体の状態)で自転車を速く楽に走らせる方法を模索していきたいと思っています。
       
      そしてこのノウハウをサイクリストの皆さんにお伝えする方法も考えていきたいと思っています。
       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.05.12 Saturday
        • -
        • 09:25
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>

         

        selected entries

        archives

        recent comment

        links

        profile

        書いた記事数:97 最後に更新した日:2018/01/13

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM