その瞬間が訪れるために必要な時間

0

    長雨と寒さで、体調に気をつけないといけない日が続いていました。そして、今回の台風。松山市内も、けっこうな暴風と雨量がありました。一夜明けて気持ちの良い青空。本日も無事ロードバイクスクールを開講できました。

    2015年8月から始めたK-FITTINGも2年が経ち、フィッティングでは150台余りの自転車を扱うことができました。
    それぞれの方が、それぞれの思いで購入された自転車を任せてもらえたことに感謝しています。

    トレーニングに関することも、あらゆる年代の選手に関わらせてもらい様々な経験を積ませてもらうことができました。
    ありがとうございます。

    フレームは設計段階から各メーカーの特色が、ジオメトリーやカーボンの積層、構成されるパイプ(クロモリ、アルミ)に表れています。

    自転車はまっすぐ進むものではなく、左右に微妙にバランスを取りながら蛇がうねうねと這うような軌跡を描いていきます。

    その軌跡はフレームのジオメトリーによって違います。

    シッティングで進ませやすいフレーム、ダンシングで進ませやすいフレーム、加速が優れているフレーム、流れがでやすいフレームなど、各メーカーの考え方で設計し作られています。

    競輪選手時代に様々なクロモリパイプで、あらゆるジオメトリーの自転車をオーダーで製作したことで、そのようなことがわかるようになりました。
    長らく現役を重ねてきたこと、その時の体力にどのようなフレームが最善なのか。またホイールの組み合わせはと色々考えてきたことも役に立っています。

    フレームには重心があります。その位置に乗ることができれば自転車は軽やかに進んでいきます。
    その位置を確認するために、フィッティングの前に自転車に乗車させてもらっています。

    大きなサイズの自転車、小さなサイズの自転車に乗って重心位置を探っていきます。
    その後、重心位置を予想してフィッティング。

    それぞれの方たちが持ち込む自転車をミリ単位でフィッティングして、最適なポジションが出た瞬間、身体の動きが連動して自転車が軽やかに進んでいきます。

    その瞬間は突然訪れます。またこの瞬間が大好きです。

    2年経った今、その瞬間が訪れるために必要な時間が短縮されてきています。

    大好きな自転車を仕事で扱えることに感謝して、これからも一台、一台集中して頑張っていこうと思っています。
    K-FITTING
    ☝お客様にいただいたフィッティング中の写真です(*´ω`*)

    K-FITTINGロードバイクスクール
    https://k-fitting.com/


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.05.12 Saturday
      • -
      • 22:29
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

       

      selected entries

      archives

      recent comment

      links

      profile

      書いた記事数:97 最後に更新した日:2018/01/13

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM