トレーニングとベストラップ

0

    フィッティングにレース帯同、学校の指導に国体強化チームの指導と忙しい日々が続いています。

    ここ最近、面白い出来事がありました。

    国体強化チームを指導しているとき、かなりのボリュームでトレーニングをこなしていくのですが、トレーニング終盤にベストラップを更新することがありました。

    疲れているはずなのに、見ているだけだはよくわからないので選手たちに聞いてみると、あるときを境に楽しくなってくるそうです。

    よくあるランナーズハイかもしれません。

    しかし、実力ギリギリのタイムで走っている選手がランナーズハイになったところで、簡単にベスト更新することはありません。

    それは元々その実力があったからです。

    自分では限界だと思っていても、その限界はまだ先にあったということです。

    パワー計を使ったFTP測定でも、練習でのテストより、実戦でのデータのほうがより高い値を出してきています。

    これもその一例かなと思います。

    FTPを越えた境界線あたりから乳酸が溜り始め、そのままでは脚が止まってしまうと思っていても、そこであきらめたらレースは終わります。

    FTPを越えようがどうしようが、食らいつく場面では気持ちで付いていかないといけません。

    それをトレーニングで再現できるのか?

    できると思っています。

    ただし、それを実行するには強靭な精神力が必要になります。
    苦しい局面では、精神面の克藤があり、恐れや怖さという感情も出てきます。

    感情がコントロールでき、肉体もフレッシュな場面では身体の使い方も意識的に動けます。ただし、レース終盤になり、感情にも乱れが、そして肉体的にも苦しい場面では、正しく身体を使うことが難しくなってきます。しかし、それができなければ勝てません。

    その克服するためにレース終盤を再現するようなトレーニングをしていかないといけません。

    どれだけトレーニングを実戦に近づけることができるか。そのためには様々なアイデアが必要です。

    トレーニングでは意識的な動きを繰り返し、そしてレースでは無意識に動けるようになるために、それができるようになれば自分の身体も思いのままにコントロールできると思っています。
    松山市


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.11.08 Thursday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

       

      selected entries

      archives

      recent comment

      links

      profile

      書いた記事数:98 最後に更新した日:2018/11/08

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM